RACING
アーカイブ |
投稿者 : test 投稿日時: 2021/04/07 (1226 ヒット)

2021年4月9日(金)から4月28日(水)まで 先着5名様限定

 

4/9(金)から4/28(水)まで『ファインチューンエンジンE.C.U.体感試乗会』を開催いたします。

今回は新型コロナウィルス感染拡大防止の為、キャンペーン期間中の営業日で体感試乗が可能な日に
対応させていただきます。

無料にてお客様のお車のエンジンE.C.U.書換えを行い体感して頂けます。
密にならないように調整させていただきますので、事前にお電話またはeメールにて日程調整を
必ずお願いします。

エンジンの耐久性と気持ち良さのバランスを考慮したデータを作成しております。
この機会に、お客様のお車で実際に体感頂ければと考えております。
試乗後にそのままご購入のお客様は、下記特別価格にてご提供させていただきます。
※体感試乗はエンジンE.C.U.のみでACD&AYC  E.C.U.は行っていません。
ただし
ACD&AYC  E.C.U.は、下記特別価格でご購入可能です。


キャンペーン期間中の休業日につきましては
こちらをご覧ください


お客様のインプレッションはこちらへ




2_1.jpg 1_7.jpg

エンジンE.C.U.
エンジンECUに関しましては、ノーマルから吸排気系を交換した車両まで対応し、燃調・点火時期・MIVECコントロール等のマップの見直しなど、純正でも高性能なE.C.U.を更に綿密にセッティングし直す事で、より乗りやすく、よりパワフルにマシンを変化させます。

エボリューションX用  特別価格132,000円(税込) 通常価格154,000円(税込)
エボリューション7〜9MR用 特別価格89,100円(税込) 通常価格99,000円(税込)
フォルティスRA&フォルティススポーツバックRA 特別価格110,000円(税込) 通常価格132,000円(税込)

商品紹介はこちらをご覧下さい。
ランサーエボリューションX用
ランサーエボリューション7〜9MR用
フォルティスRA&フォルティススポーツバックRA用
※お車を入庫していただくか、エボ8以降(フォルティスは不可)はE.C.U.だけを宅急便等で送っていただいても書き換え可能です。



ACD&AYC E.C.U.

ACD&AYC ECUに関しましては、純正データよりサーキット走行で気持ちよく走れるように
調整し、より曲がりやすくお客様の要望を伺いながら調整を行います。
詳しくはこちらへ

エボリューション7〜9MR&エボワゴン用 特別価格59,400円(税込) 通常価格66,000円(税込)
※お車を入庫していただくか、E.C.U.だけを宅急便等で送っていただいても書き換え可能です。




投稿者 : test 投稿日時: 2021/04/06 (1043 ヒット)

2021年4月9日(金)から4月28日(水)まで、春の「ランエボ安心点検」「オイル交換キャンペーン」を実施します。
ゴールデンウィーク前の整備&メンテナンスにいかがでしょうか。
上記期間内での作業が対象となります。
事前の作業予約をお願い致します。

クラッチ交換やエンジンオーバーホール等の重作業も
この期間は今のところ作業に余裕があり、すぐに取り掛かれるかと思いますので
お急ぎの方はぜひご相談ください。


キャンペーン期間中の休業日につきましては
こちらをご覧ください




「ランエボ安心点検」の作業内容は下記内容となります。
金額は29,000円(税込み)となります。
作業時間は3-4時間くらいとなります。
日頃あまり点検できない場所も点検内容に入れていますので
この機会にいかがでしょうか。


1. MUT3(三菱故障診断機)による各種センサー等の点検
2. エンジンコンプレッション測定
3. ファイバースコープによる燃焼室内点検
4. ターボチャージャー ガタ点検
    ※エボ10はファイバースコープによる簡易点検のみとなります
5. ACD&AYCポンプ点検(MUT3による強制駆動)
6. ハブベアリング ガタ点検
7. 駆動系のガタ及び音の点検
8. ブッシュ類切れ等の点検
9. コーナーウェイトの測定
10. アライメント簡易測定(トータルトー、キャンバー)
11. 実走行による点検
12. その他箇所も通常の点検を行います

ランエボ安心点検についてはこちらへ




「オイル交換キャンペーン」

2014win_cp_img05.jpg

キャンペーン期間限定で『エンジン、ギア&デフ、AYC&ACD、SSTオイル交換工賃込特別価格』でご提供させていただきます。

1.エンジンオイル交換(工賃込)
ラリーアートエンジンオイル(5W-45)使用 税込特価14,400円(通常19,195円)  

※オイルエレメント交換の場合は下記金額が別途かかります。
三菱第二純正オイルフィルター使用(クイックデポ製 工賃含む) 税込特価1,570円(通常2,090円)

2.ミッションオイル&トランスファーオイル&リヤデフオイル交換(工賃込)
ラリーアートギアオイル(75W-140)使用 
5M/T&6M/T車 税込特価29,900円(通常39,996円)
SST車 税込特価14,000円(通常18,722円)  

3.AYCトルク移動機構部(工賃込)
三菱純正ATF(SP3)使用 税込特価4,970円(通常6,627円)

4.SSTフルード交換(工賃込、オイルエレメント込)
三菱純正SSTフルード使用 税込特価49,900円(通常58,826円)

5.ブレーキフルード交換(工賃込)
テストアンドサービス オリジナル ブレーキフルード使用 税込特価9,900円(通常13,200円)

※事前の作業予約をお願い致します。

※上記価格はエボ及びフォルティスの価格になります。その他車種に関しましても特価にてご提供可能ですので是非お問い合わせください。


投稿者 : test 投稿日時: 2021/04/05 (12628 ヒット)

いつも弊社をご利用いただきありがとうございます。
4月・5月・6月の休業日は下記のようになります。

日曜・祝日は休業日になります。
土曜日はその月により日程は異なりますが、
月二回休みとなります。 

営業日は、9時から18時までの営業となります。

皆様のご利用お待ち申し上げております。



ご来店時は、必ずマスクの着用をお願いします。
また対面での作業内容についての打ち合わせやご相談につきましては当面中止しております。
作業につきましては、事前に電話またはメールにてご相談お願いします。


4月
土曜日  3日、17日

日曜日  4日
、11日、18日、25日
祝日   29日
GW休業 4/29〜5/5まで 
5/6 9時より営業



5月
土曜日  1日、15日
、29日
日曜日  2日
、9日、16日、23日、30日
祝日   3日 、4日、5日 



6月
土曜日  12日、26日

日曜日  6日
、13日、20日、27日

 


投稿者 : test 投稿日時: 2021/03/25 (43 ヒット)

エボ4のクラッチ交換とリヤデフサポートアームブッシュ換を行いました。
デフマウントのリア側が切れているのとトランスミッションの辺りからカラカラ音がしているということで
点検を行い、その結果レリーズベアリング部より音が出ていたので、一緒にクラッチ交換を行いました。

レリーズベアリングを外したところ封入されているベアリングのグリスが無くなりゴロゴロと
音が出ている状態でした。

デフマウントはサポートアームを車体から外してプレスを使って圧入し作業は無事終了しました。





エボ4は発売からもうすぐ25年経過しますが、今回作業させていただいたお車は
大事に乗られているようで錆も少なく、作業もスムーズにできました。

年数が経っているお車や凍結防止剤等で下回りの錆が進行しているお車だとボルトが折れたり、ナットが外れない等よくあります。

最近他のお車ですが、クラッチ交換でフロントパイプを外したかったのですが、
触媒との接合部のボルトやそれ以降のボルトも錆で折れそうなので、
フロントパイプからサイレンサーまで一体で外したこともありました。

フロントパイプとタービンアウトレットの接合のボルトも焼き付いていて、
簡単にボルトが折れ、クラッチ交換では本来外す必要のないアウトレットを外し
折れたボルトを抜くことになりました。

 

元々エボ9MRまでは日帰りで作業も可能だったのですが、最近はボルトが折れたり他の故障個所が見つかったりすることが
多くなってきていますので、最短で12日での作業とさせていただいています。



投稿者 : test 投稿日時: 2021/03/24 (378 ヒット)

倉庫整理の為、GTO用  新品 6G72エンジン 及び フォーミュラ・ミラージュのパーツを販売致します。

ご興味のある方は弊社までお電話(044-854-1945)またはeメール(mail@test-service.co.jp)にてお問合せください。

価格応談となります。

 

 

三菱GTO  6G72  新品エンジン(6G72-3-A9

15A及びZ16A  ツインターボ 6M/T
倉庫で保管していたものになります。

オルタネーターは付属します。

ターボチャージャーは元々2基あったのですが、1基は弊社で使用した為、

1基のみ付属します。

画像にあるエンジンについている部品は全て付属しています。

エンジン自体は新品ですが、ターボチャージャーを外したりしているので、小傷等はあるかと思いますので、ご了承お願いします。

エンジンの発送及び引取り(富士スピードウェイ近くの弊社倉庫)、そしてもちろん弊社でエンジン乗せ換えも可能です。






その他画像はこちらをご覧ください

 

 

 

フォーミュラ・ミラージュ(レイナード)のパーツ

フォーミュラ・ミラージュ用のリヤセクションとノーズコーン、 AMG 463エンジン2基あります。
クラッシュして、使えそうな部分だけをとってあったものではありません。

予備パーツとして動く状態のものを保管していました。

倉庫に保管されていたものになります。


463エンジンは、1基は画像のようにタペットカバーがありません。

もう一基はカムスプロケット等がありません。

発送はできないので、引取り(富士スピードウェイ近くの弊社倉庫)のみになります。




その他画像はこちらをご覧ください





投稿者 : test 投稿日時: 2021/03/24 (87 ヒット)

フォーミュラ・ミラージュ(レイナード)のパーツ画像





エンジン一基目









エンジン二基目


投稿者 : test 投稿日時: 2021/03/23 (70 ヒット)

エボ7の燃料タンクの錆の除去を行いました。
ブーストアップ仕様なのに、ブーストがかかるところで燃料が足りない症状がでていましたので、
点検をして燃料ポンプが原因と判断しました。
燃料ポンプを外すと燃料タンク内の錆がひどく、フィルターに錆や内部のコーティングのカスが付着して
詰まっているのを確認しました。




本当は燃料タンクを新品にするのが一番いいのですが、作業時部品が欠品中で納期がかかるということでした。
お客様が早く直してサーキットを走りたいということでしたので、車両についている燃料タンクを洗浄&コーティングして
使用することにしました。

洗浄液を使って錆を落とし、そのままだとまたすぐに錆びてしまうので、
内部にコーティング剤を入れ乾燥させて作業は終了しました。
洗浄する場合には溶剤や工賃で費用的にも新品とそれほど変わらないので、本当は新品があるのであれば
そのほうがいいと思います。



投稿者 : test 投稿日時: 2021/03/23 (70 ヒット)

エボ10のキャリパーブラケットを製作しました。

ランエボ安心点検を行った結果、アルミのキャリパーブラケットが腐食していて、さらにネジ部分にも割れがありました。
この為お客様にお伝えして、キャリパーブラケットを新規に作ることになりました。







元々レースで使用されていたレース用のブレーキ一式をお客様がヤフオクで購入され、弊社で取付けを行ったお車になります。
装着されてから10年以上経過しているのと、レース用の為軽量にできるように硬い材質を使っていて腐食には弱いものですので、
長期間使用すると今回のようになることがあります。
今回は耐久性を考えて、今までのものより重量増とはなりますが、長期間の使用に耐えられる材質を使用して製作をしました。




投稿者 : test 投稿日時: 2021/03/23 (57 ヒット)

エボ10のブレーキホース交換を行いました。

弊社製のステンレスメッシュブレーキホースを使用されていましたが、何年も交換していなかったので交換を行いました。





サーキット走行が多いお客様は、ブレーキホースは完全に消耗品ですので、定期的に交換した方がいいかと思います。
特にフィッティングとホースの根元の部分からフルードが漏れたり、最悪はホースがフィッティングから抜けて
ブレーキが効かなくなることがあり非常に危険です。

ブレーキ系の故障は事故に繋がりますので、しっかりメンテナンスをすることをおすすめします。



投稿者 : test 投稿日時: 2021/03/23 (92 ヒット)

エボ8MRのプラグケーブル交換を行いました。

最初はブーストがかかるとエンジンに振動が出て、吹け上りも悪くなり、ブーストもハンチングするということで、
点検させていただきました。
点検の結果失火の症状が確認できました。

お客様に点火系の交換歴を伺うとプラグとイグニッションコイルは交換してからそれほど経っていないということで、
プラグケーブルを確認しましたらリークしているのが確認できました。





弊社にエボ8MR用のプラグケーブルの在庫はなかったのですが、たまたま同じ時間に作業でご来店のお客様が
同じエボ8MRに乗られていて、純正のプラグケーブルとプラグを部品のみご注文いただいていました。
当日お渡しだったのですが、ご自分が使うのはまだまだ先なのでどうぞということで声をかけていただき、
そのプラグケーブルを使用し作業終了しました。


投稿者 : test 投稿日時: 2021/02/25 (132 ヒット)

エボ10のクラッチマスタ―の室内側のシールよりフルードが漏れてきていたので

交換を行いました。

対策品になってからエンジンルーム側で本体が割れてクラッチが切れなくなることはなくなりましたが、
距離を走られていると室内側から漏れることはあります。






クラッチペダルの根元部分を覗いて、濡れていたら漏れている可能性が高いかと思います。
交換自体はそこまで時間のかかる作業ではないので、問題なく日帰りでの作業可能です。

 


投稿者 : test 投稿日時: 2021/02/25 (138 ヒット)

エボ10SSTよりフルードが漏れていた為、修理を行いました。

お車を確認したところオイルエレメントのブラケット部とミッションケースの間から

フルードが漏れていたので、ブラケット部とオイルエレメントの交換をしました。







凄く多いトラブルということはありませんが、距離や年数が経ってくると

細かい故障はどうしても出てきてしまいます。

最近来られるお客様から中古車価格も上がってきたので、しっかり整備して

20万キロくらいまで乗りたいという方が多くなってきたかなと感じています。

エボ10はまだまだ部品には困りませんが、CT9A以前は廃盤も多くなってきているので
まだまだ乗りたい方は、早めにしっかりメンテナンスすることをおすすめします。


投稿者 : test 投稿日時: 2021/02/25 (166 ヒット)

エボ10のエボ10 ACD&AYC ハイドロリックユニット交換を行いました。

三菱の故障診断機MUT3で確認して、ポンプのモーターが動かないことを確認したので

ハイドロリックユニットの交換を行いました。

故障しているのはモーターだけでしたが、単品での供給がないのでユニット交換となりました。

 





今回作業させていただいたお車は、ボディのアルミ部分の腐食はありませんでしたが、
外部より腐食が進行することにより故障する場合もあります。


またユニットについている比例弁や方向弁が、腐食や劣化により根元から折れたり腐食して
作動しなくなるケースもよくあります。






投稿者 : test 投稿日時: 2021/02/25 (146 ヒット)

エボ10でオーバーヒート後クーラントが減るということで、ヘッドガスケット交換を行いました。

弊社で点検の結果ウォータポンプのクーラント漏れからオーバーヒートになり、ヘッドガスケットが抜けてしまったと判断し、
シリンダーヘッドを降ろしてヘッドガスケット交換を行いました。

画像中央の気筒の排気側バルブ(上側の茶色い側のバルブ)の上のところに、楕円の穴の冷却水の通路へとつながる
黒い排気ガスによる汚れが分かるかと思います。
右側の気筒も中央の気筒ほどではないですが、若干抜けているようです。

一緒にバルブクリアランスの調整とラジエーター交換等もご依頼いただき作業しました。サーキットを走ると
各部の消耗がどうしても早くなるので、定期的なメンテナンスや部品の交換が必要になります。

 

弊社ではオイル交換や点検だけでももちろん行っておりますので、お気軽にお問合せください。


投稿者 : test 投稿日時: 2021/02/10 (405 ヒット)



エボ7GT-A ファインチューンエンジンE.C.U.の書換えを行いました。

弊社ではECU上ではまだ余力はあるのですが、GT-Aだとミッションの耐久性を考えて、
パワーを上げすぎないようにセッティングしています。

レスポンス良く吹けるようにセッティングし、気持ちよく乗れるように調整を行います。

 

 

 

今回初めて弊社に来られたお客様からファインチューンE.C.U.書換え後の感想をいただきました。

またYouTubeにもあげられたということで、アドレスもいただきましたので

一緒にご案内させていただきます。



インプレッション TKさん

動画1

動画2


*************************************************************************************************************

テストアンドサービスさんでECU書き換えをして頂いた帰り道ですぐにその効果を体感できました。
帰路は高速道路と一般道の公道ですのでその性能をフルに体感できる状況では無いですが、
純正よりもさらに下の低回転域からパワーとトルクが立ち上がり、あまりアクセル開度を大きくしなくても
加速していき、気が付くとスピードが乗っているという感じです。それほど踏み込まなくてもどこからでも、
ストレスなく加速してくれるので運転が楽になりました。更に明らかに燃費まで良くなったのには驚きました。

 

サーキット走行での感想ですが、今まではATということもあり、コーナリングのブレーキングからの立ち上がりで、
一度回転が落ちると立ち上がるまでのレスポンスも鈍く、タイムラグもあり、スムーズな加速ができず
思ったような走りができていませんでした。

 

ファインチューンエンジンECUにしてからは一度回転が落ちてもパワーとトルクが低回転からぐわっと立ち上がってくれるので
コーナーの立ち上がりの加速が非常に良くなりました。ブーストの掛かり具合も非常に良いです。
また高回転までもギクシャクせずスムーズに回転が伸びていくのでストレートの最高速も速くなり平均で10kmは向上しました。

 

パワーとトルクが向上しているので、今までマニュアルモードで2速まで落とさないと曲がれないコーナーも3速で走れるようになり、
そこからアクセルを開けていけばしっかり加速していってくれるので、全体的にとてもスムーズに走行できるようになり
走行枠の平均タイムが2-3秒速くなりました。体感的にも速くなったと身をもって感じることができます。

 

今回テストアンドサービスさんでファインチューンエンジンECUをして頂くにあたりオートマチックトランスミッションの
耐久性も考えて壊れない適切なチューンの方向性をご提案頂き、施工結果もとても満足のいくものでした。
エボはマニュアル車が主流ですが、GT-Aの様なATの特性にも合うECUデータをお持ちですのでエボのAT車で
よりパワフルにより乗りやすくしたいと考えている方がいれば絶対的にお勧めできるよい素晴らしいECUチューンです。
本当にファインチューンエンジンECUを導入して良かったです。

*************************************************************************************************************


過去のインプレッションはこちらへ


投稿者 : test 投稿日時: 2021/02/10 (5948 ヒット)

投稿者 : test 投稿日時: 2021/01/29 (152 ヒット)

エボ7のインジェクター交換を行いました。
今回お客様のご依頼で純正品から純正品の洗浄をしたものに交換しました。


交換後アイドリングの回転数が少し上がり、調子がよくなったという感想をいただきました。

 


 

使用方法にもよりますが、10万キロくらい走っているとインジェクター内部のフィルターが詰まったりして流量が落ちたり、
霧化性能が落ちたりして気筒間でばらつきが出たりすることがよくあります。

10万キロくらいでインジェクターを新品に交換したり、洗浄に出したりするとエンジンの調子もよくなるので、
お勧めです。

 

今回のお客様には、前回来られた時に距離を走っているとエアフロの劣化もあるので

思い切って新品にすると調子よくなりますよという話をして、ご自分で交換したらアイドリングも上がって
綺麗にエンジンが吹けるようになり調子が良くなったと言われました。

インジェクターもエアフロも徐々に劣化していくので、なかなか変化が分かりにくいです。
使用条件にもよりますが、10万キロ位走られていたら交換等してみるのもいいかもしれません。



投稿者 : test 投稿日時: 2021/01/22 (225 ヒット)

エボ10のオイルクーラーホースからオイルが漏れていたので、ホースの交換を行ないました。

エボ10では比較的漏れているケースは今のところ少ないのですが、エボ9MR以前の

お車は滲みや漏れていることも少なくありません。

滲みが出ているようであれば、大きなトラブルになる前に交換をお勧めします。



 

 

今回のお車は、ホース交換時にフロントのドライブシャフトからグリス漏れとインタークーラーパイプからブローオフバルブまでのホースが
劣化していたのを発見したので、一緒に作業のご依頼をいただきました。
エボのエンジン自体4B114G63も頑丈で、街乗りメインの使用方法であれば10万キロでもオーバーホールは必要ないかと思います。

油脂類の交換とホース類やオイルシール等のいわゆるゴム製品を定期的に交換していれば、10万キロ以上でも問題なく楽しめるかと思います。



 


投稿者 : test 投稿日時: 2021/01/22 (412 ヒット)

エボ8MRのお客様のランエボ安心点検を行いました。

エボ8MRも発売から約17年経ちますので、ゴムやプラスチック部分の劣化は

どうしても出てきてしまいますが、そこを交換すればまだまだ楽しめると思います。

 

今回の点検では以下のような結果になりました。

2次エアとブローオフバルブ部のホースの劣化




・リアショックのオイルにじみ



・エアエレメント劣化
※触るとスポンジ部分がポロポロと剥がれ落ちます



・カムカバーからのオイルにじみ



・ターボチャージャー コンプレッサインペラの傷

 ※これはエアエレメント劣化が原因かと

  大きな傷ではないので、あくまで傷があったというだけになります



2番プラグ 締め付けトルク不足




・プラグケーブル劣化

 

 

今回のお客様はかなり昔からご来店いただいている方で、エボ8MRをご購入されてからだと思うので、15年以上前からのお客様になります。
今まで大きな車両トラブルもあり弊社でも色々な作業をさせていただき、勝手に弊社でも我々の車のような親近感を感じながら作業していますが、
長い間来ていただいて大変嬉しく思っています。



その他作業についてはこちらをご覧ください


投稿者 : test 投稿日時: 2020/12/21 (314 ヒット)




エキマニにエアを導入するための2次エアバルブの錆によるトラブルは定番です。
特にエボ99MRは内部に水が溜まりやすく、画像のように錆びて穴が空くことがよくあります。
画像ではインタクーラーパイプからのホースが刺さっていて、外部からは見えない部分が錆びてなくなって、
エアを吸っている状態でした。
また2次エアバルブの根元からパイプ部分が錆でもげてしまっていることもありますので、
注意が必要です。
純正は今部品を注文すると対策品になっていますが、それでもトラブルが出ている車もありますので、
ご注意ください。


(1) 2 3 4 ... 10 »

Copyright Test And Service, 2008. All rights reserved.