RACING
アーカイブ |
投稿者 : test 投稿日時: 2021/08/05 (229 ヒット)

お客様が弊社でマフラー交換をして、廃棄してほしいと言って置いていったマフラーを

切断した画像になります。

マフラーの外観は軽い擦り傷はありますが、大きな凹みはありません。

ただサブサイレンサーの内部のパンチングメタルが、劣化の為波打っています。

元々はストレート構造で綺麗に真っすぐなはずですが、このように長年使っていたり

サーキット走行が多いと内部が波打ったりして、排気効率が落ちていることがあります。
メインサイレンサーはよほどのことがない限り変形しているのは見たことはありませんが、

排気温度の高いサブサイレンサーや触媒は、熱の影響で内部が変形していることがあり、排気効率が落ちている場合があります。





マフラーによって簡単に確認できないものもありますが、長年使っているマフラーであれば、マフラーを外すときがあれば確認してもいいかもしれません。

 


投稿者 : test 投稿日時: 2021/08/05 (5694 ヒット)


マフラーについて




ブレンボキャリパーについて




エボ10 リヤブレーキローター&パッド交換 フロントブレーキ導風板取付け




エボ10 ブレンボキャリパーO/H




エボ10 フロントハブボルト交換




エボ10 クラッチマスタ―交換の件




エボワゴン 塩害による劣化部品の交換





エボワゴンGT エンジンオーバーホール







エボ4クラッチ交換&リヤデフサポートアームブッシュ交換




エボ7燃料タンク錆除去




エボ10キャリパーブラケット製作




エボ10ブレーキホース交換




エボ8MRプラグケーブル交換





エボ10ヘッドガスケット抜け修理



エボ10 ACD&AYC ハイドロリックユニット交換



エボ10クラッチマスタ―からのフルード漏れ修理



エボ10 SSTフルード漏れ修理




エボ7GT-A ファインチューンエンジンE.C.U.




エボワゴンGT-A スポーツ触媒交換




エボ7インジェクター交換




エボ10 オイルクーラーホース交換他




ランエボ安心点検




2次エアバルブ




オーリンズオーバーホール




Z16A GTOタイミングベルト&エンジンマウント交換




フロントアッパーマウントの亀裂





ターボチャージャーについて




初代パジェロのミッション&トランスファーのシール交換




エボ10ドライブシャフトブーツ交換




エボ6トランスミッションオーバーホール




ワンオフベルハウジング&ブレンボレーシングローター等




ブレーキローター




エンジンE.C.U.及びACD E.C.U.について




ブレーキキャリパー交換について




エボ10各種種作業について




投稿者 : test 投稿日時: 2021/06/11 (8169 ヒット)

2021年6月現在の弊社取り扱いラリーアート商品リストになります。
セット品の補修パーツについては掲載していません。

エボ7〜10までの強化ブッシュと競技専用部品に関しましては、三菱純正部品扱いになっています。

全国の三菱ディーラー様または量販店様にてご注文可能です。
また弊社ホームページ上部の「ご注文」からもご注文いただけます。



ランサーエボリューション10用パーツ フォルティス&フォルティススポーツバック用パーツ
 


コルトVer.R用パーツ ランサーエボリューション7〜9MR&エボワゴン用パーツ


オイル 汎用部品&その他パーツ


カーボンシリーズ


投稿者 : test 投稿日時: 2021/06/10 (499 ヒット)

先日ブレンボジャパンさんが来店され、新しく発売になったブレーキキャリパーをご紹介いただきました。

PISTA
(ピスタ)FF6キャリパーというタイプで、鍛造6ポットでインサート付きになります。
鍛造品で、非常に軽量にできていています。

以前ご紹介させていただいたGT-Sキットよりも更にサーキットでのパフォーマンスを重視したモデルで、
軽量かつ高剛性そしてブレーキレスポンスやコントール性を求めるユーザー向けだそうです。
ただしサーキット走行向けの設定の為、通常走行時音が出てしまったり、ダストシールもついていないモデルに
なっていますので、オーバーホールのサイクルも短く、街乗りユーザーよりも
サーキットでのパフォーマンス重視の方におすすめするキャリパーとなります。
街乗りメインで、たまにサーキット走行という方には、GT-Sキットの方がおすすめです。

GT-Sキットについてはこちらへ

 

ピストンにインサート(ピストン先端のキャップ)がついていて、パッドからの熱をキャリパーに伝わり難くすることで、
キャリパー温度やフルードへの熱の伝導も抑えています。
これはGT-Sキットも同じくインサート付きとなっています。
またパッドは交換が容易に行えるようになっていて、GT-Sキットとは違いキャリパーを
ハブキャリア・ブラケットから取り外すことなく交換が可能です。
また最近のレース用と同じように、上部1ヶ所のブリーダースリューからのみエア抜きを行います。
純正はイン側とアウト側の2ヶ所から抜くようになっています。


まだエボ用のキットは設定されていないそうですが、他車種で設定があるものでもGT-Sキットとそれほど変わらない値段なので、
エボでも使用用途によって選べるよう設定してもらえるように強く要望しておきました。






PISTA(ピスタ)FF6キャリパー 画像



それと取付けの画像等はありませんが、エボ10用フロントで、GT-Sキットの6ポットキャリパー(下記画像)を使用し、
エボ10用の純正ローター(φ350×32mm)に取り付けられるようにしたキットも弊社で販売しております。
構成部品は、キャリパー、ブラケット、ブレーキホース、パッドになります。
価格は税込み402,600円になります。
純正キャリパーも今現在フロント左右を新品で購入すると税込み378,400円しますので、イメージチェンジにも
いかがでしょうか。

GT-Sキットのローターに比べると純正ローターだと熱容量のアップは見込めませんが、
街乗り中心の方や年に数回サーキットを走られるくらいであれば、インサートも入っている為、純正に比べて
べーパーロックもし難くなり、十分ご満足いただけるパフォーマンスがあります。
よりサーキットでのパフォーマンスを求める方にはGT-Sキットを、そして完全なレース用には
Racingがあるのですが非常に高価となる為、その中間となる今回のPISTA(ピスタ)FFシリーズが
キット化されることを期待しています。





GT-Sキャリパー



レース用 4ポット





レース用 6ポット




投稿者 : test 投稿日時: 2021/06/10 (13321 ヒット)

いつも弊社をご利用いただきありがとうございます。
8月・9月・10月の休業日は下記のようになります。

日曜・祝日は休業日になります。
土曜日はその月により日程は異なりますが、
基本月二回休みとなります。 

営業日は、9時から18時までの営業となります。

皆様のご利用お待ち申し上げております。



ご来店時は、必ずマスクの着用をお願いします。
また対面での作業内容についての打ち合わせやご相談につきましては当面中止しております。
作業につきましては、事前に電話またはメールにてご相談お願いします。
※キャンペーン期間中の土曜日は、お見積り等だけでも事前にご連絡お願いします。


8月
土曜日  14日、28日

日曜日  1日
、8日、15日、22日、29日
祝日   9日
夏季休業日 8月8日から8月16日まで 
      17日9時から営業


9月
土曜日  4日、18日

日曜日  5日
、12日、19日、26日
祝日   20 、23日 



10月
土曜日  9日、23日

日曜日  3日
、10日、17日、24日、31日




 


投稿者 : test 投稿日時: 2021/06/09 (1090 ヒット)

「ランエボ安心点検」ですが、大変ご好評をいただきお問合せも多い為、

弊社の定番メニューとして常時受付け致します。


作業内容は下記内容となります。
金額は29,000円(税込み)となります。
作業時間は4時間くらいが目安となります。
日頃あまり点検できない場所も点検内容に入れていますので
この機会にいかがでしょうか。

午前中にお預かりして、代車等で一度お帰りになり
夕方引取りも可能です。
代車についてはこちらへ



1. MUT3(三菱故障診断機)による各種センサー等の点検
2. エンジンコンプレッション測定
3. ファイバースコープによる燃焼室内点検
4. ターボチャージャー ガタ点検
    ※エボ10はファイバースコープによる簡易点検のみとなります
5. ACD&AYCポンプ点検(MUT3による強制駆動)
6. ハブベアリング ガタ点検
7. 駆動系のガタ及び音の点検
8. ブッシュ類切れ等の点検
9. コーナーウェイトの測定
10. アライメント簡易測定(トータルトー、キャンバー)
11. 下回りオイル漏れ点検
12. 下回りボルト類増し締め
13.  実走行による点検
14. その他エボで壊れやすい箇所も点検を行います

ランエボ安心点検についてはこちらへ


投稿者 : test 投稿日時: 2021/06/06 (6287 ヒット)

ラリーアート カーボン製及びFRP製エアロパーツについてお知らせします。


下記部品番号のラリーアート製エアロパーツは、受注生産になりますが2021/6現在販売中になります。

商品により異なりますが、ご注文から発送まで30〜45日ほどいただいております。

全国の三菱ディーラー様、量販店様等にてご注文可能です。

また大変申し訳ありませんが、発送時別途大型送料をいただいておりまして、
送り先により送料が変わりますので、ご注文されるところでご確認お願いします。

また別料金にはなりますが、紫外線による劣化を抑えるために、UVカットのクリア塗装も
承っております。
詳しくはこちらへ



ランサーエボリューションX(CZ4A)用



RA651126P1 スポーツフロントアンダースポイラーVer.1  税込み本体価格 89,045円(税抜き80,950円)
RA64166P15 スポーツフロントアンダースポイラーVer.2  税込み本体価格 89,045円 (税抜き80,950円)
RACZ4601S1 スポーツフロントバンパーインテークダクト  税込み本体価格 62,700円(税抜き57,000円)



ランサーエボリューション9〜9MR&エボワゴン(CT9A&CT9W)用




RA651246P2 スポーツフロントアンダースポイラーVer.1  税込み本体価格 80,300円 (税抜き73,000円)
RA65129P15 スポーツフロントアンダースポイラーVer.2  税込み本体価格 82,500円 (税抜き75,000円)
RA630813P1 スポーツリヤウィング アイゼングレー塗装済み品  税込み本体価格 104,500円(税抜き95,000円)
RA630813P2 スポーツリヤウィング 未塗装品  税込み本体価格 93,500円 (税抜き85,000円)



ギャランフォルティス ラリーアート(CY4A)&ギャランフォルティススポーツバック ラリーアート(CX4A)用



RA640417P1 スポーツフロントアンダースポイラー  税込み本体価格 86,900円 (税抜き79,000円)
RACX4602P1 スポーツテールエンドスポイラー  税込み本体価格 42,900円(税抜き39,000円)
RACX4603P1 スポーツリヤウイング  税込み本体価格 55,000円 (税抜き50,000円)



コルトVersion-R(Z27AG)用



RA640723P1 スポーツフロントリップスポイラー  税込み本体価格 63,800円 (税抜き58,000円)
RA170691P1 スポーツリヤウィング ブラックマイカ(BM)塗装済み品  税込み本体価格 66,000円 (税抜き60,000円)
RA170691P2 スポーツリヤウィング 未塗装品  税込み本体価格 55,000円 (税抜き50,000円)






投稿者 : test 投稿日時: 2021/06/02 (298 ヒット)

サーキットをよく走られているお客様からエボ10のリヤブレーキローターとパッド交換、
フロントのブレーキ導風板の取付けをご依頼いただきました。


エボはスペースの関係もあり太いブレーキダクトを通すのがなかなか難しいので
導風板タイプを取付けとなりました。
元々はディーラーオプションの導風板がついていましたが、今回のものは大きさが
全く違うので効果ありそうです。
仮合わせをしてホイールに干渉する部分をカットし、出来るだけ冷却効率が
良くなるように調整して終了です。







今回交換したリヤパッドは、厚さ25mmのパッドになります。
純正リヤパッドは約13.5mmですが、ブレンボ製レーシンググキャリパーの為、非常に厚くなっています。
この厚さがあることで、キャリパーにも熱を伝えにくくすることになり、キャリパー温度を低くすることができます。
純正に比べて約2倍の厚さなので、約2倍摩耗しても使えるかというとそんなことはありませんが、
表面積が大きくなるので、純正キャリパーよりは摩耗が遅くなります。


下の画像はフロント用ですが、左から純正ブレンボ用は約15mm オレンジのAP RAGINGのレース用は25mm、
ブレンボのレース用は30mmになっています。
昔弊社でN1耐久に出ていたGTOはAP RAINGのレース用6ポット 18mm、 
エボ8MRから使い始めたブレンボのレーシングキャリパー 4ポット 20mm
エボ9MRから使い始めたブレンボのレーシングキャリパー 6ポット 30mmでした。

今はカテゴリーによって違いますが、レースの世界では25mmから30mmが主流となってきています。
車のパワーや車重も上がってきてブレーキにより厳しくなってきていますので、サーキットを走るのであれば、
キャリパー交換した方が安心です。
サーキットの数周のアタックであれば、純正でもタイム的にもほとんど変わりませんが、通常の走行会を
30分ずっと全開で連続周回をしたり、耐久レース等に参加して走りたい方は、純正ブレンボだと
キャリパー温度が上がりペダルタッチも悪くなりますので、キャリパー交換をした方が、
安全に楽しく走れるかと思います。





ただキャリパー交換となると費用も大幅にかかってしまいますし、そこまでブレーキの温度も上がらない方は、
ブレーキ導風板等で冷却をしてみるものいいかと思います。


ブレーキは安全に楽しく走る為にも非常に重要なので、伝えたい事いっぱいありますが、長くなるので今回はこれくらいで。


投稿者 : test 投稿日時: 2021/06/02 (435 ヒット)

エボ10でよくサーキットを走られているお客様で、ダストブーツが切れてしまったので
前後オーバーホールしてほしいということでご依頼をいただきました。


サーキットをあまり連続でアタックされない方やキャリパーにまだそれほど熱が
入っていない場合には、オーバーホールをおすすめします。
ダストブーツが切れているとダストや飛び石等によりピストンに傷が入ったり、摩耗も早くなったりします。
街乗り中心であれば、ダストブーツが切れることはあまりないかと思いますが、
年数が経っていたり距離を走られている場合には、ピストンの戻りが悪くなりパッドの引き摺りも起こりやすくなります。


街乗り中心であれば10万キロくらいで、サーキットを走られている方であれば、走行回数等によっても違いますので、
パッドを交換するときにブーツの状態を確認して、切れていれば熱も入って内部のシールの硬化も考えられえる為、
オーバーホールした方がいいかと思います。







投稿者 : test 投稿日時: 2021/06/02 (227 ヒット)

エボ10のフロントハブボルト交換を行いました。

サーキット走行が多い為、トラブルが出る前に交換したいということで作業を行いました。

サーキットで縁石によく乗られる方や最近のハイグリップタイヤを履かれている方は、
定期的に交換された方が安心かと思います。






弊社でも昨年ハブボルトが折れて、走行中ホイールが外れた方がいらっしゃいます。
ホイールが外れてしまうと自分はもちろんのこと他の方にも被害が出てしまうこともありますので、非常に危険です。
今回の場合サーキットで縁石を毎周乗ったのが原因でしたが、サーキットをよく走られる方は定期的に交換した方が
安心してサーキット走行を楽しめるかと思います。


投稿者 : test 投稿日時: 2021/06/02 (250 ヒット)

最近クラッチマスタ―からのフルード漏れのページをみて、クラッチマスタ―交換が多くなっています。


クラッチペダルの上側の部分が濡れていれば、ほぼ間違いなくクラッチフルード漏れかと思います。
よくお客様からラリーアートの強化クラッチマスタ―シリンダーキットにした方がいいかと聞かれますが、
通常であれば純正品の交換で問題ないですし、安く交換もできます。
初期型でリコールが出ていたクラッチマスタ―であれば、一気にクラッチが切れなくなり
走行が難しくなりますが、リコールを受けていたり、対策品のクラッチマスタ―に交換されている場合には、
使用状況により漏れは徐々に発生し、クラッチが切れにくくはなってきますが、対策前の部品のように
一気に全く切れなくなることは弊社でも一件もありませんでした。


ブレーキフルードは何にするかによって値段がかわるので含みませんが、今現在ラリーアート製だと約12万円、純正品だと約2.7万円になります。
対策品で強化クラッチを使用していたとしても今までの経験上5万キロ以上はもつと思います。
純正クラッチで約10万キロかと思います。
ラリーアート製だとその倍近く使えるかと思いますが、費用が純正品より大幅にかかることや競技用としての設計の為、
通常はエンジンが降りている状態での作業を想定しています。ただし実際はエンジンを降ろして作業する訳にもいかないので、
エンジンが載ったまま作業すると非常に作業性が悪いのと元々ボディに加工をしないとつかない為、錆の心配等もあり、
競技でエボを使用している方以外は弊社ではおすすめしていません。


下の画像は交換した漏れの発生しているクラッチマスタ―ですが、刀のツバみたいなところから右側がエンジンルーム側、左側が室内側になります。
画像左側の白い部分(フルードが漏れて少し変色)がクラッチペダルのアーム部の上部につき、
フルードが漏れるとロッド部分を伝って白い部分へと流れていきます。





覗き込めば簡単に見えるところですので、心配な方は確認してみてください。
弊社での作業時間は1.5〜2時間くらいが目安になっています。


そういえば弊社デモカーで、まだクラッチマスターのリコールが出る前に、東京の三菱部販さんまで純正部品を取りに行ったことがあって、
部品を受けとってすぐにクラッチマスタ―が破裂して、クラッチが切れなくなったことがありました。
また競技でも当時のクラッチマスターがすぐ破裂して使えないということで、一般販売はしていませんでしたが、
ラリーアートが競技用として補強プレートを設定していました。
それでもまだ壊れるということで、現在も販売しているアルミ製の強化クラッチマスターシリンダーキットを設定したのを思い出しました。
エボ10発売初期の頃はラリーアートの強化品の方をおすすめしていましたが、今は純正品の方が圧倒的に安いですし、
耐久性も問題ないレベルとなっていますので、現在は純正品をおすすめしています。



投稿者 : test 投稿日時: 2021/06/02 (255 ヒット)

エボワゴンで、外装内装からは20万キロ以上走行してるとは思えないくらいの状態でしたが、
下回りは塩害での錆が酷く、その修理をしたいということで入庫しました。


大まかにいうとフロントパイプ&触媒錆、ショックアブソーバー錆&抜け、タイロッドのガタ、ハブベアリングのガタ、
ブレーキローター錆、オイルパン錆、ファンベルト系のベアリングの錆&異音、フューエルフィラ―パイプ錆、
エンジンオイルクーラーホース漏れ、タイミングベルト交換となります。
細かいものは他にもありますが、今回30万キロまでは走りたいということで、整備させていただきました。


ボルト等の錆が酷かったので、10本以上ボルトが折れたり、錆びててなかなか部品が外れなかったりして、それの修正で
作業時間が通常より倍以上かかってしまいました。
折れないでとれたボルトやナットも炙ったり何度もオイルをかけたりしてとっているので
通常よりかなり時間かかりました。
降雪地域でなくともスキー等行かれる方は、塩害は注意した方がいいかと思います。


かなりの交換部品点数となりましたが、入庫時に比べて劇的にお車の状態も良くなったので、お客様にもご満足いただけたようで
弊社としても嬉しく思っています。
















投稿者 : test 投稿日時: 2021/04/28 (290 ヒット)

エボ7クラッチ交換及びT/Mインプットシャフトオイルシール交換を行いました。
パワーをかけたときにクラッチの滑りを感じたので、クラッチ交換をしたいということで入庫となりました。
一緒にエンジンとトランスミッションの合わせ目からオイルが漏れている状況でしたので、その修理と
ついでにエンジンマウント交換をご依頼いただきました。
分解した結果クラッチディスクのダンパスプリング部の部品が外れ、クラッチカバーに
挟まった為、滑りが生じたものと思います。
オイル漏れは、トランスミッションを外してインプットシャフトのオイルシールから
オイルが漏れているのを確認できましたので、オイルシールの交換を行いました。

エンジンマウントは、画像を撮るのを忘れてしまいましたが、フロント側が半周近く切れていました。
通常の使用であれば10万キロ サーキットが多い方は5万キロ位が交換の目安かと思います。
クラッチ交換と一緒に交換すれば、工賃もほとんどかからなくてお得ですよ。







今回クラッチ交換の為フロントパイプを外しましたが、社外品のフロントパイプが入っていて、
前側のボルトが焼き付いていて、簡単に折れてしまいました。
タービンアウトレットを外して折れたボルトを抜く作業が追加となりました。

熱のかかる部分に焼きの入っていないボルトを使っている場合、非常に折れやすいので
注意が必要です。

ターボチャージャーを外した時に、下側をおさえるブラケットが割れていましたので
それも一緒に交換しました。









投稿者 : test 投稿日時: 2021/04/28 (217 ヒット)

GTO Z16A  キャリパーO/Hとブレーキホース&ブレーキローター交換を行いました。

目に見えて劣化しているわけではありませんでしたが、消耗品ということで交換のご依頼をいただきました。







ブレーキキャリパーは、ピストン部ににじみの出ている物やダストブーツの破れや劣化がみられるものはオーバーホールをおすすめします。
そしてある程度年数が経っていて、ブレーキパッドの引き摺る音が聞こえる場合には、
ピストン部のシールの劣化により硬化が考えらますので、この場合にもオーバーホールをおすすめします。

ブレーキホースはフルードの滲み等なくても、年数が経っていると一気にホースが抜ける場合もあるので、定期的に交換した方が安心です。


GTOの台数は少なくなりましたが、まだまだ大事に乗られている方が多いですね。


投稿者 : test 投稿日時: 2021/04/28 (474 ヒット)

少し前になりますが、ランサーエボリューションワゴンGTのエンジンオーバーホールを行いました。
約10万キロ走行されて、エンジンのオーバーホールをしたいということでご相談いただきました。
街乗り中心のお車で10万キロ位だとエンジン内部の摩耗はそれほどでもないので、弊社では
おすすめはしませんでしたが、10万キロという節目なのでオーバーホールしたいということでお受けしました。

やはりメタルの当たりやシリンダーの摩耗は特に大きな問題はありませんでしたが、
メタルのクリアランスがきつめだった為、気持ちよくエンジンが回るように、調整を行いました。
バラしたついでにターボチャージャーの点検も行いましたが特に問題はありませんでした。
無理なブーストをかけたり、オイル管理やオイルの品質に問題なければ10キロは全く問題ないと思います。






今回はあと10万キロ乗れるようにということでしたので、IN&EXバルブ、
インジェクター、ラッシュアジャスター、ターボ関係やラジエータ関係のゴムホース類も一緒に
交換してエンジン系のリフレッシュを行いました。

納車後エンジンが非常に軽く回るようになったと言われ、喜んでいただけたようでよかったです。





投稿者 : test 投稿日時: 2021/04/28 (305 ヒット)

エボ8MRのロッカーカバーのガスケット交換を行いました。
弊社のランエボ安心点検の結果、エンジン後部(ミッション側)からのオイル漏れがあった為、後日作業となりました。

作業は1時間ちょっとくらいで終わるのですが、液体ガスケットを塗布する部分があり、硬化までの乾燥が必要な為、1泊2日いただきました。




 

4G63ではどのモデルでもこの部分のオイル漏れはよくありますので、漏れているのを発見したらガスケット交換をおすすめします。

 
ロッカーカバーのガスケット交換であれば費用的にも安くていいのですが、最近ヘッドガスケットから
オイルが滲んできているお車が多くなってきているのを感じています。


投稿者 : test 投稿日時: 2021/03/25 (246 ヒット)

エボ4のクラッチ交換とリヤデフサポートアームブッシュ換を行いました。
デフマウントのリア側が切れているのとトランスミッションの辺りからカラカラ音がしているということで
点検を行い、その結果レリーズベアリング部より音が出ていたので、一緒にクラッチ交換を行いました。

レリーズベアリングを外したところ封入されているベアリングのグリスが無くなりゴロゴロと
音が出ている状態でした。

デフマウントはサポートアームを車体から外してプレスを使って圧入し作業は無事終了しました。





エボ4は発売からもうすぐ25年経過しますが、今回作業させていただいたお車は
大事に乗られているようで錆も少なく、作業もスムーズにできました。

年数が経っているお車や凍結防止剤等で下回りの錆が進行しているお車だとボルトが折れたり、ナットが外れない等よくあります。

最近他のお車ですが、クラッチ交換でフロントパイプを外したかったのですが、
触媒との接合部のボルトやそれ以降のボルトも錆で折れそうなので、
フロントパイプからサイレンサーまで一体で外したこともありました。

フロントパイプとタービンアウトレットの接合のボルトも焼き付いていて、
簡単にボルトが折れ、クラッチ交換では本来外す必要のないアウトレットを外し
折れたボルトを抜くことになりました。

 

元々エボ9MRまでは日帰りで作業も可能だったのですが、最近はボルトが折れたり他の故障個所が見つかったりすることが
多くなってきていますので、最短で12日での作業とさせていただいています。



投稿者 : test 投稿日時: 2021/03/24 (328 ヒット)

三菱GTO  6G72  新品エンジン(6G72-3-A9)画像





投稿者 : test 投稿日時: 2021/03/24 (378 ヒット)

フォーミュラ・ミラージュ(レイナード)のパーツ画像





エンジン一基目









エンジン二基目


投稿者 : test 投稿日時: 2021/03/23 (337 ヒット)

エボ7の燃料タンクの錆の除去を行いました。
ブーストアップ仕様なのに、ブーストがかかるところで燃料が足りない症状がでていましたので、
点検をして燃料ポンプが原因と判断しました。
燃料ポンプを外すと燃料タンク内の錆がひどく、フィルターに錆や内部のコーティングのカスが付着して
詰まっているのを確認しました。




本当は燃料タンクを新品にするのが一番いいのですが、作業時部品が欠品中で納期がかかるということでした。
お客様が早く直してサーキットを走りたいということでしたので、車両についている燃料タンクを洗浄&コーティングして
使用することにしました。

洗浄液を使って錆を落とし、そのままだとまたすぐに錆びてしまうので、
内部にコーティング剤を入れ乾燥させて作業は終了しました。
洗浄する場合には溶剤や工賃で費用的にも新品とそれほど変わらないので、本当は新品があるのであれば
そのほうがいいと思います。



投稿者 : test 投稿日時: 2021/03/23 (283 ヒット)

エボ10のキャリパーブラケットを製作しました。

ランエボ安心点検を行った結果、アルミのキャリパーブラケットが腐食していて、さらにネジ部分にも割れがありました。
この為お客様にお伝えして、キャリパーブラケットを新規に作ることになりました。







元々レースで使用されていたレース用のブレーキ一式をお客様がヤフオクで購入され、弊社で取付けを行ったお車になります。
装着されてから10年以上経過しているのと、レース用の為軽量にできるように硬い材質を使っていて腐食には弱いものですので、
長期間使用すると今回のようになることがあります。
今回は耐久性を考えて、今までのものより重量増とはなりますが、長期間の使用に耐えられる材質を使用して製作をしました。




投稿者 : test 投稿日時: 2021/03/23 (270 ヒット)

エボ10のブレーキホース交換を行いました。

弊社製のステンレスメッシュブレーキホースを使用されていましたが、何年も交換していなかったので交換を行いました。





サーキット走行が多いお客様は、ブレーキホースは完全に消耗品ですので、定期的に交換した方がいいかと思います。
特にフィッティングとホースの根元の部分からフルードが漏れたり、最悪はホースがフィッティングから抜けて
ブレーキが効かなくなることがあり非常に危険です。

ブレーキ系の故障は事故に繋がりますので、しっかりメンテナンスをすることをおすすめします。


投稿者 : test 投稿日時: 2021/03/23 (335 ヒット)

エボ8MRのプラグケーブル交換を行いました。

最初はブーストがかかるとエンジンに振動が出て、吹け上りも悪くなり、ブーストもハンチングするということで、
点検させていただきました。
点検の結果失火の症状が確認できました。

お客様に点火系の交換歴を伺うとプラグとイグニッションコイルは交換してからそれほど経っていないということで、
プラグケーブルを確認しましたらリークしているのが確認できました。





弊社にエボ8MR用のプラグケーブルの在庫はなかったのですが、たまたま同じ時間に作業でご来店のお客様が
同じエボ8MRに乗られていて、純正のプラグケーブルとプラグを部品のみご注文いただいていました。
当日お渡しだったのですが、ご自分が使うのはまだまだ先なのでどうぞということで声をかけていただき、
そのプラグケーブルを使用し作業終了しました。


投稿者 : test 投稿日時: 2021/03/06 (1619 ヒット)

倉庫整理の為、GTO用  新品 6G72エンジン 及び フォーミュラ・ミラージュのパーツを販売致します。

ご興味のある方は弊社までお電話(044-854-1945)またはeメール(mail@test-service.co.jp)にてお問合せください。

価格応談となります。

 

 

三菱GTO  6G72  新品エンジン(6G72-3-A9)    2021/7/13売約済み

15A及びZ16A  ツインターボ 6M/T
倉庫で保管していたものになります。

オルタネーターは付属します。

ターボチャージャーは元々2基あったのですが、1基は弊社で使用した為、

1基のみ付属します。

画像にあるエンジンについている部品は全て付属しています。

エンジン自体は新品ですが、ターボチャージャーを外したりしているので、小傷等はあるかと思いますので、ご了承お願いします。

エンジンの発送及び引取り(富士スピードウェイ近くの弊社倉庫)、そしてもちろん弊社でエンジン乗せ換えも可能です。






その他画像はこちらをご覧ください

 

 

 

フォーミュラ・ミラージュ(レイナード)のパーツ

フォーミュラ・ミラージュ用のリヤセクションとノーズコーン、 AMG 463エンジン2基あります。
クラッシュして、使えそうな部分だけをとってあったものではありません。

予備パーツとして動く状態のものを保管していました。

倉庫に保管されていたものになります。


463エンジンは、1基は画像のようにタペットカバーがありません。

もう一基はカムスプロケット等がありません。

発送はできないので、引取り(富士スピードウェイ近くの弊社倉庫)のみになります。




その他画像はこちらをご覧ください




(1) 2 3 4 ... 10 »

Copyright Test And Service, 2008. All rights reserved.