RACING
アーカイブ |
お知らせ : エボワゴン フロントバンパー交換 リヤウイング取付け等
投稿者 : test 投稿日時: 2021/12/24 (412 ヒット)

少し前になりますが、富士スピードウェイを走られているお客様がサーキットでのタイムアップの為、
空力の向上及び冷却性能のアップ等がご希望ということで、VALDI SPORTフロントバンパー交換、
RALLIARTリヤウイング取付け、導風板のワンオフ、インタークーラースプレーの位置の変更、
ハイキャスターのピロアッパーの取付けを行いました。

 

フロントバンパーは、カナード一体成型と三菱純正のナンバープレートガーニッシュの加工取付けを行いました。
純正のナンバープレートガーニッシュは、裏側を大胆にカットしないといけないので
簡単に取付けできるわけではありませんが、加工すれば取り付け可能です。
またバンパー表面に穴あけ加工も必要になります。





インタークーラー上の導風板をワンオフで製作し、ラジエーターに当たる空気の流れを改善しました。
お客様が夏場の耐久レースに出られているので、導風板の先端にウォータースプレーを配置して、
ラジエーターの冷却を行っています。
元々エボワゴンはインタークーラースプレー自体がありませんが、夏場の耐久レースに出られる為
弊社で以前取付けを行っていて、導風板を付ける為スプレーを外したので、今回ついでに位置もより良い場所に変更しています。
画像はありませんが、インタークーラー部にも2ヶ所スプレーノズルが設置されています。



 

 ラリーアートのスポーツリヤウイングは、昔から販売していて今現在は受注生産ですが販売中の商品になります。
型の劣化があり、そろそろ廃盤も近くなってきていますので、ご検討の方はお早めにご注文ください。





今回のお客様は富士スピードウェイをよく走られるということで、ハイキャスター仕様に変更しました。
CT9A CT9Wで国際サーキットを走る場合には、キャスターをつけたほうが
安定して走れるかと思います。
スーパー耐久に参戦していた時もハイキャスターにしたかったのですが、レギュレーションの関係でできなかったので
大きなサーキットを走られているお客様にはおすすめしています。
ミニサーキットではステアリングレスポンスが落ちるので、好みにもよりますが必要ないかと思います。



Copyright Test And Service, 2008. All rights reserved.