RACING
アーカイブ |
お知らせ : ブレンボキャリパーについて
投稿者 : test 投稿日時: 2021/06/10 (504 ヒット)

先日ブレンボジャパンさんが来店され、新しく発売になったブレーキキャリパーをご紹介いただきました。

PISTA
(ピスタ)FF6キャリパーというタイプで、鍛造6ポットでインサート付きになります。
鍛造品で、非常に軽量にできていています。

以前ご紹介させていただいたGT-Sキットよりも更にサーキットでのパフォーマンスを重視したモデルで、
軽量かつ高剛性そしてブレーキレスポンスやコントール性を求めるユーザー向けだそうです。
ただしサーキット走行向けの設定の為、通常走行時音が出てしまったり、ダストシールもついていないモデルに
なっていますので、オーバーホールのサイクルも短く、街乗りユーザーよりも
サーキットでのパフォーマンス重視の方におすすめするキャリパーとなります。
街乗りメインで、たまにサーキット走行という方には、GT-Sキットの方がおすすめです。

GT-Sキットについてはこちらへ

 

ピストンにインサート(ピストン先端のキャップ)がついていて、パッドからの熱をキャリパーに伝わり難くすることで、
キャリパー温度やフルードへの熱の伝導も抑えています。
これはGT-Sキットも同じくインサート付きとなっています。
またパッドは交換が容易に行えるようになっていて、GT-Sキットとは違いキャリパーを
ハブキャリア・ブラケットから取り外すことなく交換が可能です。
また最近のレース用と同じように、上部1ヶ所のブリーダースリューからのみエア抜きを行います。
純正はイン側とアウト側の2ヶ所から抜くようになっています。


まだエボ用のキットは設定されていないそうですが、他車種で設定があるものでもGT-Sキットとそれほど変わらない値段なので、
エボでも使用用途によって選べるよう設定してもらえるように強く要望しておきました。






PISTA(ピスタ)FF6キャリパー 画像



それと取付けの画像等はありませんが、エボ10用フロントで、GT-Sキットの6ポットキャリパー(下記画像)を使用し、
エボ10用の純正ローター(φ350×32mm)に取り付けられるようにしたキットも弊社で販売しております。
構成部品は、キャリパー、ブラケット、ブレーキホース、パッドになります。
価格は税込み402,600円になります。
純正キャリパーも今現在フロント左右を新品で購入すると税込み378,400円しますので、イメージチェンジにも
いかがでしょうか。

GT-Sキットのローターに比べると純正ローターだと熱容量のアップは見込めませんが、
街乗り中心の方や年に数回サーキットを走られるくらいであれば、インサートも入っている為、純正に比べて
べーパーロックもし難くなり、十分ご満足いただけるパフォーマンスがあります。
よりサーキットでのパフォーマンスを求める方にはGT-Sキットを、そして完全なレース用には
Racingがあるのですが非常に高価となる為、その中間となる今回のPISTA(ピスタ)FFシリーズが
キット化されることを期待しています。





GT-Sキャリパー



レース用 4ポット





レース用 6ポット





Copyright Test And Service, 2008. All rights reserved.