RACING
アーカイブ |
お知らせ : エボ10ヘッドガスケット抜け修理
投稿者 : test 投稿日時: 2021/02/25 (455 ヒット)

エボ10でオーバーヒート後クーラントが減るということで、ヘッドガスケット交換を行いました。

弊社で点検の結果ウォータポンプのクーラント漏れからオーバーヒートになり、ヘッドガスケットが抜けてしまったと判断し、
シリンダーヘッドを降ろしてヘッドガスケット交換を行いました。

画像中央の気筒の排気側バルブ(上側の茶色い側のバルブ)の上のところに、楕円の穴の冷却水の通路へとつながる
黒い排気ガスによる汚れが分かるかと思います。
右側の気筒も中央の気筒ほどではないですが、若干抜けているようです。

一緒にバルブクリアランスの調整とラジエーター交換等もご依頼いただき作業しました。サーキットを走ると
各部の消耗がどうしても早くなるので、定期的なメンテナンスや部品の交換が必要になります。

 

弊社ではオイル交換や点検だけでももちろん行っておりますので、お気軽にお問合せください。



Copyright Test And Service, 2008. All rights reserved.