新商品
新商品

2011年7月23日(土曜日)

ファインチューンE.C.U. お客様インプレッション

IMG_9707-1_1.jpg   

実際に購入されたお客様方の感想(ご了承を頂いたお客様)を
ご紹介させていただきますので、ご参照下さい。

お名前    TK 様 (2021.1書換え)
お車の車種 エボ7 GT-A

テストアンドサービスさんでECU書き換えをして頂いた帰り道ですぐにその効果を体感できました。
帰路は高速道路と一般道の公道ですのでその性能をフルに体感できる状況では無いですが、
純正よりもさらに下の低回転域からパワーとトルクが立ち上がり、あまりアクセル開度を大きくしなくても
加速していき、気が付くとスピードが乗っているという感じです。それほど踏み込まなくてもどこからでも、
ストレスなく加速してくれるので運転が楽になりました。更に明らかに燃費まで良くなったのには驚きました。
 
サーキット走行での感想ですが、今まではATということもあり、コーナリングのブレーキングからの立ち上がりで、
一度回転が落ちると立ち上がるまでのレスポンスも鈍く、タイムラグもあり、スムーズな加速ができず
思ったような走りができていませんでした。
 
ファインチューンエンジンECUにしてからは一度回転が落ちてもパワーとトルクが低回転からぐわっと立ち上がってくれるので
コーナーの立ち上がりの加速が非常に良くなりました。ブーストの掛かり具合も非常に良いです。
また高回転までもギクシャクせずスムーズに回転が伸びていくのでストレートの最高速も速くなり平均で10kmは向上しました。
 
パワーとトルクが向上しているので、今までマニュアルモードで2速まで落とさないと曲がれないコーナーも
3速で走れるようになり、そこからアクセルを開けていけばしっかり加速していってくれるので、
全体的にとてもスムーズに走行できるようになり走行枠の平均タイムが2-3秒速くなりました。
体感的にも速くなったと身をもって感じることができます。
 
今回テストアンドサービスさんでファインチューンエンジンECUをして頂くにあたりオートマチックトランスミッションの耐久性も
考えて壊れない適切なチューンの方向性をご提案頂き、施工結果もとても満足のいくものでした。
エボはマニュアル車が主流ですが、GT-Aの様なATの特性にも合うECUデータをお持ちですので
エボのAT車でよりパワフルにより乗りやすくしたいと考えている方がいれば絶対的にお勧めできる
よい素晴らしいECUチューンです。本当にファインチューンエンジンECUを導入して良かったです。

 

 

お名前    AMGエボ 様
お車の車種 エボ9 GSR

ラリーアート(白の外観の)ECUからの交換でしたが体感できました。
ECU
を交換することでこうも変わるものかと実感しました。
 
私の車の仕様ですが純正交換タイプエアクリーナーメインの吸気系
と太めのフロントパイプ、マフラーの排気系のライトチューンでどちら
かと言うと高回転向きなパーツを付けていましたがラリーアートECU
の時はあまり高回転時のパワー感や吹けの良さがありませんでした。
 
交換後はエンジンのパワーが回転数全域で一回りパワーアップした
感じになります。走り出しが軽く、今まで詰まっていた感じがあった中
回転から高回転がストレスなく吹けあがります。
レスポンスが良くストレスなくエンジンが回るのでちょっとエンジンを回
して乗ることが多くなりました。
1
年以上使っていますが気になる点や不具合も無くとても良いです。

 

お名前    渡邊 様
お車の車種 エボワゴンGT

導入動機は鈴鹿サーキットを230秒切り目前となりエンジン負担の事を
考えるとノーマルECUでは不安があり書き換えを検討するようになりました。
テストアンドサービスさんのレースで蓄積されたデーターが魅力で、
過酷な状況時でもエンジンへの負担を最小限にできると思い書き換えを
する事にいたしました。

換える気満々でしたがお試しって事で先ずは暫定のECUに書き換えてもらい試乗することに。
その時に感じた変化は強烈なインパクトでした。
踏み込んだ時のスムーズさは格別で高回転までしっかりと継ぎ目の無いものでした。
試乗は公道でしたので、無茶はせずに本来の目的であるサーキットでの
大きな違いは高回転部分が使いやすくパワーの落ちでシフトチェンジタイミングが
掴みやすくなりました。
ノーマル時ではエンジンを回せば回すほどってな思いもありましたが、
ECU
を書き換えてからは有効回転内で走るようになりました。
パワー感もひと回りもふた回りも増えた感じがし走りに余裕が出ました。
水温も油温も最低5度は低く抑えられるようになりサーキットにおいてかなり安心して
周回をこなせ鈴鹿サーキットのスポーツ走行枠約40分クーリングも入れずに全開で
夏場も攻めれるようになりました。
ECU
を書き換えてからの副産物で街乗り、高速道路での燃費もノーマルECUの時と比べ
1〜2割程伸びるようになりました。
ただ、低回転からのアクセルのつきが極端になったのでジムカーナ的な動かしは
苦手になったと思います。

 

お名前    原 様
お車の車種 エボ9 GSR
通常の書き換えを行ったあと約1年後に現車合わせを行いました

ノーマルからライトチューンのエンジンに対応しており、ノーマルの特性を
引き上げた感じです。低中速域のトルクが太くアクセルレスポンスに優れ、
どの領域でも瞬時にブーストが立ち上がり気持ち良く走れます。
サーキット走行に於いては、太いトルクを活かし1段高いギヤでもストレス無く
走る事ができます。市街地での通常走行でもトルク、レスポンスが良いので
走りやすく実用燃費もノーマルと比べても遜色有りません。
私の場合は、燃費は市街地〜高速では7.5〜11km/l位で、サーキットでは2km弱位でした。

上記、汎用のチューニングデータを入れた標準仕様のECUでもノーマルと比べ
かなりパワフルに成りますが、現車合わせのECUはチューニングの度合いやエンジンの
仕様に応じてより細かくセッティングするので さらにレスポンスに優れパワーを
引き出せます。また標準仕様に対して高回転域の伸びが良く 許容回転数も
7600回転から8000回転まで引き上げてもらい、シフトアップするか迷う場面でも
そのままのギヤで引っ張りきれるのでシフトロスを無くす事が出来ます。
ここ一発のタイムアタックでは有効だと思います。 排気音は乾いた感じの心地好い音ですが、
排気温度はかなり高い様でマフラーはこんがり焼けます。プラグはレース用の9番を
使用しています。市街地での走行時も柔軟でギクシャクする事も無く燃費の悪化も感じません。

 

お名前    つぅさん
お車の車種 エボ8MR
GSR

変更済みパーツ
 RALLIART
エアークリーナー
 RALLIART
マフラー
 RALLIART
サクションパイプ
 RALLIART
パイピングキット
 RALLIART
プラグ#8
 RALLIART
プラグケーブル
 T&S     
強化ブローオフ

・ブーストの立ち上がり、アクセル踏み直し時など
 とにかくレスポンスがいい。
 (強化ブローオフとの同時装着がオススメ)
・クルマが軽くなったよう。
・どこからでも加速出来るのでラク。
3000rpmあたりにあった谷間がなくなり、スムースかつ鋭く吹け上がる。
・最高速は今のところ244km/h
・アイドリング時の排気の音色がスポーティに変わりました。
・燃費は、市街地はノーマルと変わりませんでした。
 高速ではノーマルより多少良くなりました。

ランエボにはいろいろなパーツが発売されておりますが、
最も費用対効果が優れたものの一つだと思います。

スポーツ走行で本領を発揮しますが、
決して扱いにくいワケではなく、
気持ちよくドライブできるようセッティングされていますので
ストリートでもオススメです。

一度味わってしまうと元には戻れないと思います。
少なくとも私は戻れません。

スーパー耐久で培われたノウハウをもつ
T&S
さんのECUということで安心感もあり、
富士スピードウェイでの走行会に何度か参加しましたが、
不具合等はもちろん発生しておりません。

 

お名前    岡田 様
お車の車種 エボX GSR 5MT

最初に書き換えた直後感じたのは、ステアリングフィーリングです。
停車状態からわずかに直進してハンドルを切り込んだときに回転の軸
が自分に近くなってるように感じました。
自分を中心に車両が曲がるのはつまりAYCがすぐに効いたからのように感じます。
そして、スロットルの微妙な感覚への反応。
加速時のモッタリ感が軽減され100kg(個人的感覚です)くらい軽量化
したかのような錯覚さえ覚えます。
そして何より一番わかりやすいのはスピードリミッターの解除。
サーキットでもメーター読み235km/h出しました。僕の場合、
マフラーなど他に変えたい部品がないのですがかなり満足はしてます。
いざとなったらノーマルECUへの書き戻しも出来ますし。


お忙しい中アンケートにご協力いただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

</



Copyright Test And Service, 2008. All rights reserved.